中文 English 한국 にほんご
太白山につにての簡単な紹介 太白山観光案内 グレートアメリカ太白山
 
太白山につにての簡単な紹介

太白山は陝西省の宝鶏市の秦嶺の北麓にある眉県、太白県、周至県の境界に位置する。太白山は3771.2メートルの海抜高度を持って、中国の著名的な秦嶺山脈の最高峰であり、それも中国大陸東部の第一峰である。秦嶺山脈は中国を南部と北部に分ける天然の障壁であり、それに長江と黄河の二つの水系の分水嶺である。太白山は秦嶺山脈の主峰として、自然地理状況は秦嶺よりいっそう特殊である。その雲に聳える雄壮な勢いでも、瞬間にめまぐるしく変化を続ける天候と風姿でも、昔から神秘的なムードを人々に伝えられ、世界中の科学者と文人学士に憧れられてきた。

太白山はその高さ、寒さ、険しさ、奇異さ、美しさ、豊かさと神秘の特徴で世間に知られ、中国大地に雄を唱えてきた。「太白の積雪が六月になっても解けない」は著名な関中八景の一つである。元代の「一統志」の中には「太白山は極めて高いから、山頂は恒に積雪があって、真っ白さが見える」という記載がある。明の王昕が書いた「三才図会」の中に、太白山の終年的な積雪に対して、「山頂は常に解けない雪があり、真夏に見たらも真っ白である」と述べている。それらの文章によって、太白山の夏にある積雪の美しさも、続ける時間の長さも、景色の奇妙さもよく分かる。大げさではなく、それは確かに長い歴史を持ってきた。太白山はその地形、山体にある氷、綺麗な泉水、群れになる森、特的な天候の景色、珍し花と草、人文歴史を備え、完璧な景観体系を構築して、最も優秀的な生態観光景区と言える。

太白山は秦嶺山脈の主峰であり、秦嶺は我が国の南北の気候の境界線であり、それも長江と黄河二つの水系の分水嶺である。それは高くて厚い巨壁のようで、南北に往復する気流を阻止し、そのため、南北の気候に明らかな差異をもたらす。太白山は大きな高低の差のゆえに、その特有の気候特徴を形成した。気候と植生の特徴によって、下から上へ:暖温帯、温帯、寒温帯、寒帯、高山寒帯五つ明らかな気候帯に分ける。太白山の気温は千変万化であり、古代の詩に曰く:“朝は盛夏のような酷暑であるが、夜は厳しい冬のような雪と共に寝る。春の花と秋の葉と同時に道に落ち満ちて、四時は一瞬間である。”更に:“山すそは盛夏であるが尾根は春であり、山麓は艶やかな秋であるが山頂は寒い、赤壁黄緑白青紫、春夏秋冬を見分けることが難しい。”という佳句がある。

太白山にある独特な自然環境は多種多様な生物群体を孕んでいる。それは種類が多く、起源が古く、天然的な種の遺伝子庫である。そこには動物が302種、鳥類が230種余り、植物が1900種余りあり、かねがね「アジア天然植物園」、「中国天然動物園」と称する。

太白山国家森林公園は陝西省眉県域内に位置し、太白山のゆえに名を得る。1991年に国家林業部から国家級の森林公園を建立することを批准され、、1992年7月に正式に対外的に開放した。「全国文明森林公園」と最初の「国家4A級観光地」に指定され、今は急速に我が国の西部地域にある旅行、リゾート、科学考察、探検、療養などをまとめた観光名所に発展してきた。面積は2949ベクタールである。公園には景勝地が8個、観光スポットが180個余りある。海抜の幅が620から3771.2メトルであり、それは国内海抜の最高の国家森林公園である。太白山森林公園は森の景観を主に、青山と奇峰を骨組みに、清い谷川と青い淵を脈絡に、人民風景を内容として、静態風景と動態風景がお互いに調和し、自然風景と人民風景が一体になり、完全に融合し、独特の風格を持ち、いきいきした絵巻を構成している。ここは山々が幾重にも連なり、山紫水明、鏡のような湖と青々した山が相映って、静かに落ち着いて、非常に美しいであり、曲がりくねった流れと渓がきらきらと光り輝いて透き通り、煙が立ちこめてもうもうとして、飛沫が飛び散て珠玉のようで、奇峰と形の変わった石がまるで壁の如く、画の如く。その中に身を置くと、峡谷が壁のように切り立つち、石の山道が纏わり、古い楓の葉や枝が繁茂してお互いに覆って木陰になり、溝と谷が縦横にあり静かで奥深いと感じられる。春の時、草木が段々に青緑色に染まり、百花が一時に咲き出し艶を争う。夏の時、木陰が道の両側に覆い、涼しい風がそよそよと吹いてきた。秋の時、山の果実が枝もたわわに実り、楓の葉がなまめかしく美しい。冬の時、山が白い雪に覆われ、銀色の蛇のようにぐるぐる舞い、樹木が銀色の服を着ているようで、温泉の霧がもうもうと舞い上がる。ここには、「太白の積雪が六月になっても解けない」という不思議があり、「闘母奇峰」が秀をみられる景観があり、「平安雲海」の悠々自適があり、「駱駝神樹」と「羊を放牧する古寺」の伝説があり、「菩薩正殿」が夕日の輝く壮観がある。ここは、山、水、溝、谷、峰、石が格別な趣があり、美が表しただけではなく、山の上に生きた林、木、草、花、枝、葉でも非常に麗しく、奇妙である。芝生を踏んで、樹海が茫々であり、あたりがすべて木陰であり、きらきらと輝いた光が傘のような樹冠を通して、うねうねと延びた小道が金色の白斑にいっぱいになる。山風が頭の上の梢から吹きすさんで、遥かなアピールが林中にこだまする。足の下に、古い道が延々と連なり、曲がった道が静かで幽玄である。小鳥が耳元に鳴いて、秋の虫が谷川に乐器を弹いている。見渡したら、山が青く、重なり合ってそばだつ山山や飛瀑と泉水を前にして、心がゆったりとしてよい気持ちになる。近い所を見ると、草が茂り、鳥がさえずり、花が香り、ウグイスがさえずりツバメが舞い、その風景が優れる。その時、凡俗を超越し、俗気がないという感じが自然にわき起こり、、昔のことを振り返て惜しむ気がこっそりときた。人々はその安らかで寂しい森と清新で湿潤な空気に陶酔しなく、あこがれないわけにはいかないだろう。


クレームダイヤル:
+0086-0917-5711002
救急ダイヤル:
+0086-0917-5711682
問い合わせTEL:
400-639-1615
太白山の二次元コードをスキャニングして
シェア
著作権©2010 tbpark.comすべての権利予約