中文 English 한국 にほんご
太白山につにての簡単な紹介 太白山観光案内 グレートアメリカ太白山
 
グレートアメリカ太白山

【観音洞】


観音洞は五つの石穴からできた天然の洞窟であり、自然とともに変わってゆきます。入口に珍しく古い木があり、洞窟の中から伸ばしてくるように見えるが、根は洞窟の中にありません。木の幹は太く、「洞空之千年古樹」と書いたふたが掛かっており、地元の人はこの木を「無憂樹」と呼んでいます。洞窟の中に観音の像が祭られており、一番上の石穴から泉が年中絶えずに湧き出ています。「神の泉」と呼ばれています。敬虔な人々がここで観音の像を拝み、泉を取ったり、木を触ったりして無事を祈ります。

【楊文洲記念館】
   山はある人によって著名になり、人はある山によって知れ渡ることがあります。
   今日の太白山も同じく、ある人の名前と永遠に結びつけられています。
   その名前は、楊文洲です。
   楊文洲は太白山国家森林公園の党委員会元副書記で、管理課の主任でした。80年代に、森林の持続可能な発展を求めるため、森林旅行で林業を振興する方針を提出しました。10年以上の努力によって、経済的に困っていた県の国有営林場を全国的にも有名な国家レベルな森林公園に発展させることができました。彼は長年の苦労で病を抱え、2000年に58歳で亡くなりました。国家旅行局は彼に「全国旅行システムの先進工作者」という称号を授け、陝西省委員会は彼に「優秀共産党員」という称号をア授けました。太白山の人々は楊文洲のことを記念するためにここで記念館と碑を建てました。

【鬼谷子洞】
   鬼谷子とは春秋戦国時代の道家、縦横家の開祖であり、中国歴史上の極神秘な人物であり、「千古の奇人」とも呼ばれました。本名は王诩であり、民間は彼を「王禅老祖」と尊称しています。孫臏、厖涓、蘇秦、張儀など歴史上の有名人は皆鬼谷子の弟子でした。鬼谷子は幼いから山に入って芸を学び、山から出て修行し、太白山の周辺で伝道しました。湯河谷の「管子溝」は王禅老祖の洞天府邸であり、鬼谷子洞は彼が太白山で修行した場所でした。

【洞天福地】
   太白山で海抜1000メートルのところで「洞天福地」という観光地があります。「全国では洞天が三十六か所、福地がい七十二か所、太白山は第十一洞天であり、玄徳洞天である。」と老子の「道徳経が掲載されました。

【四季スキー場】
   洞天福地にある太白山スキー場は陝西省内唯一の四季スキー場です。面積は五万三千平方メートルを越え、3000人が同時にスキーすることができます。スキー場は冬にスノーモービル、スノーバイク、スノーユーフォ―などの器機を提供し、また雪サッカー、雪バレーボール、雪こまなどの設備もあります。春、夏、秋は世界でも先進な「旱雪網毯」が設置され、極リアルなスキー体験ができます。

【銅墻鉄壁】
   銅墻鉄壁は巨大な太白花崗岩であり、高さ400メートル越え、第四紀氷河時代遺跡である流水地貌に属します。高く立派に立ち、刀に削られたように壁が平たく、まさに自然の手によって作られた雄大な銅墻鉄壁です。高くて登れないぐらい壮大に見えます。

【蓮花峰瀑布】
   空から見ると、九つの山が咲いている一輪の蓮花に見えるから、蓮花峰と名づけられました。蓮花峰瀑布は高さ80メートル、空から水が飛び降りてくるように壮大な景色です。冬になると、瀑布はクリスタルのように澄んだ氷瀑になり、登りにくる人が多いです。

【三国古桟道】
   桟道とは、中国古代から切り立った崖に沿って棚のように張り出して作った橋のような道であり、戦争の要地です。閣道とも言い、中国古代交通史上の奇跡です。
   三国古桟道は「太白鳥道」とも言います。「西に太白鳥道あり、峨眉山に辿り着く」と李白の「蜀道難」は書き、三国時代に秦嶺の古桟道を歩く困難さを描くものです。
   三国時代、蜀国策士法正が劉備にここで桟道を作って司馬懿を惑わすことを提案しました。歴史とともに変わりつつ、この有名な古桟道は今1100メートルです。2000年で中央テレビの番組「軍事コーナー」が「昔の古戦場、今日の旅行地」というテーマでこの古桟道の専門報道をしました。
   古桟道は千年の時間を経ち、その深い歴史と影響は永遠に残り、交通を発展させるわが国の古代人民の功績を示していきます。

【撒墨山】
   撒墨山は海抜1200メートルで、山の入り口から18キロメートル離れています。ここは空気がおいしく、中に含むマイナスイオンか酸素が一立方センチ12000個ぐらいの濃度です。ここは詩仙の李白が酒を飲んだり、詩を詠んだり、酔っ払って墨を撒いたりする場所だという。李白はここの美しい景色を見て、詩を詠みたくなったが、太白山の美しさにふさわしい詩がなかなかできなかったので、怒りが抑えなくなって手元の筆と墨を山に撒いたという話があります。後世の人が「筆に心当たらず李白、詩が多くも読めずに、筆を雲の其処へ投げ出し、千古に残る墨の跡」という詩を作りました。

【世外桃源】
   1991年国家政治協商会議主席李瑞環が太白山に視察し、「わが国の長江の北に、そんなに景色の美しく、科学研究の価値の高く、都市に近くにある自然景観はめったにないのだ。」と評価しました。彼は川辺の石穴を通し、周りの草むらに農家があり、鳥と犬など家畜が鳴き合う景色を見て、「まるで世外桃源だ」と感心しました。その後、ここは「世外桃源」と呼ばれるようになりました。
   石橋を通すと素朴な睡仏寺が見えます。1932年、于右任と当時陝西省の主席である卲力子二人で太白山に来ました。ここに辿り着き、于右任が睡仏のところで「睡仏がいい、睡仏がいい、何もかも睡眠で解決できる。わたしも眠りつきたいが、誰が国を守るのだろう?」という詩を作りました。ユーモアでありながらも、国のことを常に考えている于さんの気持でした。これは範仲淹の「天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」というのとほぼ同じのようです。
   ここは川が自然とともに流れ、滝が雑然としながらも趣があり、小橋、古木、洞窟などがあり、泉の音、虫の声、鳥の鳴き声など景色と合わせてまるで絵のように見えます。ここの空気の中に含むマイナスイオンか酸素が一立方センチ15000個ぐらいの濃度で、とても気持ちいいです。
   ここは「連香樹」という国家二級保護樹が生長しています。

【開天関】
   九九峡を出て、目の前がぱっと明るくなって、開天関につきます。海抜1800メートル、亜寒帯気候に属します。李白の「西へ太白山に向け、黄昏に山を登り、太白仙人は我に曰く、天関を開くと」という詩から名付けられました。ここは植物の種類が多く、茂っている原始林です。
   開天関は太白山の中山部と高山部の気候の境界線であり、その下が曇りや雨なのに、その上が晴れ晴れとした天気です。
   西安医科大学環境衛生研究室が調査した結果、ここの空気の中に含むマイナスイオンか酸素が一立方センチ25000個ぐらいで、天然の「森林浴場」と言えるほど都市よりはるかに高い濃度です。松から松脂が出て、酸化されてオゾンを作ります。その原因で空気がおいしくなります。それにユーカリ、杉、モミなどの木から分泌されるテルペンという神経中枢を興奮させる気態物質があります。開天関で森林浴をしたら、全身の疲れが取られ、精神的に楽になれるほら、気道、脳の血管、肺などでの病気にもある程度の治療効果がでるそうです。だからここは年を取った観光客に人気があります。

【紅樺坪】
   海抜2260メートルの紅樺林帯に位置して紅樺坪という名前ができました。植物専門家にとって、樺は安定性に欠け、過渡林帯に属し、広い林になりやすくないようです。でもここ太白山国家森林公園では、海抜2300メートルのところにつくと、紅樺林帯は山が紅色になり、目の前すべての林が染められている様子です。紅樺は樹皮が薄くオレンジ色で、紙皮樺とも言います。
   紅樺林帯の上部は牛皮樺林帯です。牛皮樺は生命力が強く、山の坂や石だらけの山地でも生きていけます。高山裸岩地域の先駆樹と言われ、自然環境を開拓する先駆者です。
   樺とともに生きているのはツツジです。高山のツツジは「映山紅」とも言います。太白山国家森林公園海抜2200メートルの上に生きているツツジは四種類もあります。秀雅ツツジ、金背ツツジ、密枝ツツジ、太白ツツジです。この四種類のツツジは毎年四月下旬から七月まで咲き続いて、それぞれの咲く時期は一か月も超えます。

【天下索道】
   紅樺坪から始めた太白山天下索道は長さ3000メートルで、乗り場の間の高さは1260メートルもあります。片道運営時間は9分です。車両は46個、一車両に8人が乗れます。密封する設計で、景色が見えるようにガラスの窓が設置されます。車両はアルミニウム合金で作られ、ドアが二つあります。上部の窓を開けて空気の入れ替えもできます。座席が向かい合って設置され、視野が広く、座り心地がいいです。索道は上下二つの乗り場があります。下の乗り場は紅樺坪にあり、上の乗り場は海抜3511メートルの天圓地方にあります。

【七女峰】
   太白山は雄大だというのなら、七女峰は美しくて壮観だと言います。
   紅樺坪から眺めると、櫛のように並べる山脈は太白山の最も美しい七女峰です。名前の通り様々な姿があり、七つの峰が並べて七人の仙女が俗世に下りるように見えます。
   七女峰の長さは約3500メートルで、海抜は2200メートルから3000メートルまでです。入口は紅樺坪にあり、出口は下板寺にあります。七女峰は危ないのが有名で、小崋山と呼ばれています。途中で石峡天梯、魚脊嶺、神亀探海などの観光地があります。

【石陣】
   石陣は太白山第四紀氷河時代の遺跡である氷縁地貌に属し、石河とも言います。氷河時代に山体が隆起し、また融けて山体が崩し、この不思議な景色が残されます。ここの石一つ一つでも歳月の流れと万物の変化が記載されています。
   海抜3300メートルの高山区で国内最も完全な第四紀氷河時代遺跡があります。古代の人が石を陣して戦うことで「石陣」と名づけます。ここでは石陣、石海、石河、石のバラ、石環、岩柱など氷縁地貌が多く重なり合って、いちいち目を通すことができないぐらい人の思いを沸き起らせます。

【下板寺】
   下板寺は旅行バスの終点であり、観光客が集まっている場所です。海抜2800メートルで、亜寒帯気候に属します。植生の下部は冷山林で、上部はカラマツです。板寺雲海の一部です。
   隋唐の時代では仏教が盛んで、地元の人のためにここの紅樺で木の板を作り、寺を二つ建てました。海抜の高いほうを上板寺、低いほうを下板寺と呼びました。階段を上って太白山仏雲閣索道の乗り場につきます。太白山仏雲閣索道は海抜2800メートルから3200メートルまで、上板寺と下板寺の間にあります。長さ1100メートルで、両端の高さは400メートルもあります。索道から板寺雲海の景色と曲がりくねる太白山の道が丸見えです。太白山索道は交通手段であり、娯楽施設でもあります。
   索道を下りて西側に広い平地があります。それは会仙坪です。名前通り、仙人が集まる場所です。会仙坪の北側に七女峰の出口二仙山があります。伝説によると、二仙山は太上老君と太白金星が囲碁をする場所です。ここは古樹に囲まれ、美しい景色が広がります。会仙坪から周囲を眺めると、東に重なり連れなる山々あり、南に天下有名な太白積雪あり、西に紅河谷美しい景色あり、北に渭河平原丸見えです。

【上板寺】
   索道の上の乗り場にある上板寺は海抜3200メートルで、広い太白紅杉林があります。
   太白紅杉林は中国特有樹で、海抜2900メートルから3400メートルの高山区にあります。秦嶺山区唯一の落葉松属植物で、国家三級保護樹です。太白紅杉は生命力が強く、零下五十度の低温でも耐えます。だから、秦嶺山脈では太白紅杉だけ第四紀氷河時代の上部地区でもあります。長年の風の影響で、枝や葉が傾いて「旗形樹」になりました。上に行くともっと変な形をした木が見えます。例えば、鳳凰松、蛇松、千手観音松などがあります。
   秋になると、太白紅杉林は金色に染められ、この中に歩くと静かな金色の海に漂っているような感じがします。

【拝仙台】
   拝仙台は海抜3300メートルです。伝説によると、蘇軾が鳳翔府の補佐官を務めたとき、ひどい干害がありました。民衆を救うため、彼はここに三日間跪いて雨を降るよう祈っていました。終に竜王を感動させ、雨を降るようになりました。今はここに獅子と竜頭の像があります。

【天圓地方】
   天圓地方は海抜3511メートルのところにあり、わが国の南北境界線です。ここで水一杯をこぼすと、半分は長江に入り、半分は黄河に入るという。だから「南北に跨って、川が二つに分ける」という説もあります。
   ここは果てが見えないふたのような空と大地に包まれています。手が届くような低い空、目の前に流れる雲、丸見えの800里秦川、きちんとした感じがします。「天は蒼穹、四野を覆う」というようです。
   ここは寒くて空気が薄いです。輻射強くて植物の成長期が短いです。高木は根絶し、高山草甸だけです。ここは大量な藏鼠兎が暮らしています。名前通り見た目はネズミで、跳ねるとウサギみたいな動物です。黒灰色の毛があり、生命力が強く、洞窟で暮らしています。

【文公廟】
   文公とは唐の時代の有名な文学家韓愈のことです。伝説によると、韓愈が玉皇大帝に太白山の山神を封じられ、関中一帯の土地の神様となりました。「土地の神は韓と言い、璞をつけて全身青い」という民間伝説があります。歴史によると韓愈は仏教に反対していましたが、道教の聖地である太白山で韓愈を祭るのはこれに関係するかどうかは知るよしがないです。韓愈は太白山また秦嶺との縁は深いことが確実です。彼は太白山の詩が多く詠みました。太白山を登るとき、「西南雄太白、突起莫閑造」という詩を作りました。人々はここに廟を建て韓愈のことを記念します。
   小文公廟は韓愈の息子の韓昶を記念するために作られました。

【石海】
   石海は第四紀氷河時代の遺跡です。氷河の動きで様々な湖が形成されました。主に大爺海、二爺海、三爺海と玉皇池があります。さざ波が立っていて、違う高度に分布されます。ともに数珠のように繋がって、「高山明珠」という称号があります。
   太白山の山頂で最も思いを寄せられるのは大爺海です。海抜3590メートルで、源が見つからないが、一年中に水が溢れるぐらいです。澄み切った水面で少しの汚れもないです。大爺海の周辺に白頭鳥が生活しています。水面に雑草が落ちたらすぐ取りに行く鳥です。地元の人がこの鳥を「浄池鳥」や「浄水童子」と呼びます。ここに来て詣でる人々が多いです。

【抜仙台】
   抜仙台は海抜3771.2メートルで、太白山の最高点です。伝説によると、ここは姜子牙が神を封じ、仙人を選抜するところです。
   抜仙台はちゃんとしていない三角形円錐に見えます。高くて雲まで延びるようで、三面が切り立っていて、台頂は広くて平たく、南西に傾いています。西が広く、東が狭いです。朝は日の出を見て、夜は夕日を見て、光がきらめく、景色が変化しつつ、心を和みます。抜仙台は道観から名づけられ、台頂には姜子牙が仙人を選抜する時に座る椅子を祭り、世間の人にはとても座ることができないという。ここから眺めると、東にここより高い山はなく、800里の秦川を丸見え、まさに「必ず山頂を登り、小さな衆山を見る」、「頭を上げると紅日が近い、振り向くと白雲が低い」というのです。
   中国大陸でそんな仙境みたいな絶景、様々な形をした自然風景、鮮やかな生き物、危ない峰林峡間、変わりつつある雲海、千年の歴史と深い人文精神のある人間仙境はこの中国大陸後背地に佇む世に二つとない太白山だけです。

 

クレームダイヤル:
+0086-0917-5711002
救急ダイヤル:
+0086-0917-5711682
問い合わせTEL:
400-639-1615
太白山の二次元コードをスキャニングして
シェア
著作権©2010 tbpark.comすべての権利予約